現在の位置

令和元年9月

17日

17日の給食

≪献立≫

*キムチチャーハン

*牛乳

*ワンタンスープ

*冷凍みかん

 キムチチャーハンは給食初登場です。キムチはピリッと辛いので、苦手な人もいると思いますが、キムチの辛みや酸味、にんにくの香りは食欲を増進してくれるため、夏バテなど食欲が湧かないときには食べやすいですね。しっかり食べて、運動会の練習を乗り切りましょう。

13日

≪献立≫

*ご飯       *牛乳

*里芋のそぼろあんかけ

*キャベツの味噌汁

*十五夜ゼリー

 今日は十五夜です。十五夜とは、「満月」の夜という意味です。満月は1年に12回ありますが、今日が1年の中で一番きれいな月ということで、古くから「お月見」や「中秋の名月」、「芋の名月」とも呼ばれ、秋の収穫を喜び、感謝するお祭りとして、ススキやお月見団子などを供える日といわれています。

 

12日

12日の給食

≪献立≫

*揚げパン   *牛乳

*チキンサラダ

*カレーシチュー

  揚げパンに使われているコッペパンは、大正8年に作られました。戦後、アメリカから援助された小麦粉と脱脂粉乳を使った「コッペパン」が給食に出されるようになり、日本各地にパンが広まりました。 コッペパンは栄養もあり、手軽に食べられるパンの代表として日本の食生活を支えつづけてくれています。今日はシンプルに砂糖の揚げパンです。

11日

11日の給食

≪献立≫

*ご飯      *牛乳

*鯖のガーリック焼き    

*ほうれん草のごま和え

*じゃが芋の味噌汁

 サバは、カルシウムの吸収を助けてくれ、骨や歯の健康的な発育に欠かせない栄養だといわれています。また、血液をサラサラにしてくれたり、脳や神経の機能を助け、脳を活性化してくれる働きがあると言われており、記憶力の向上も助けるため、勉強を頑張るみんなにおすすめのお魚です。

10日

10日の給食

≪献立≫

*担々麺

*牛乳

*大学芋

 大学芋という名は、大正から昭和にかけて、帝国大学の赤門の前に三河屋(みかわや)というふかしいも屋があり、蜜にからめた芋を売った物が大学生の間で人気を呼んだため、この名がついたといわれています。甘くてカリッとホクホクの大学芋に仕上がりました。食物繊維とエネルギーがたっぷりの大学を食べて、元気に活動しましょう。

9日

10日の給食

≪献立≫

*ツナひじきご飯

*牛乳

*豚汁

*ヨーグルト

  ツナは英語で、日本では主に、マグロを油漬けにしたものをツナと呼んでいます。ツナには体をつくるもとになるたんぱく質や、血液をサラサラにしてくれる働きのある栄養素が含まれています。そしてひじきはカルシウムや食物繊維がたっぷりです。栄養のたくさんつまったツナひじきご飯を食べて、元気に活動しましょう。

6日

6日の給食

≪献立≫

*夏野菜カレー

*牛乳

*コンソメスープ

*梨(北本産)

  夏は汗と一緒にビタミンやミネラルが失われやすい季節です。トマトやなす、ピーマン、かぼちゃなどの夏野菜には、ビタミンやミネラルがたくさん入っています。夏野菜たっぷりのカレーを食べて、暑い日も元気に過ごしましょう。

5日

5日の給食

≪献立≫

*黒パン

*牛乳

*肉団子のクリーム煮

*ボンゴレスープ

 今日のスープは、ボンゴレといってアサリなどの貝を使ったイタリアのパスタ料理です。あさりには貧血を防いでくれる鉄分とビタミンB2が豊富に含まれています。ビタミンB2には、肌や疲労にも効果があるいわれており、積極的にとりたい栄養素です。

4日

4日の給食

≪献立≫

*ご飯      *牛乳

*ホキの南蛮漬け

*もやしのサラダ

*豆腐の味噌汁

  ホキはフィッシュバーガーや、白身フライの原料として日本でもよく食べられています。 ホキは全長120cmほど、重さは最大7kgほどの大きな魚です。 ホキは頭が大きく、からだは細長くて尾にかけてより細くなっているのが特徴です。一番の特徴は、ビタミンやミネラルなどの栄養をバランスよく含んでいます。

 

 

3日

≪献立≫

*ウインチャップライス

*牛乳

*ロシアスープ

 2学期の給食が始まりました。2学期は運動会、音楽会、体育大会、北小まつり、社会科見学など、行事がたくさんあります。栄養バランスのとれた食事と十分な睡眠をしっかりとり、どの行事も元気いっぱい、全力で取り組みましょう。

お問い合わせ

北小学校
〒364-0001
埼玉県北本市深井4-45
電話:048-542-3144
ファックス:048-542-3855